2009.08.21 Friday 13:55

女神散をテイスティング

女神散の煎じ薬をテイスティングしました。
煎じる前の生薬はこんな感じです。



煎じ中。
自動煎じ器でコトコト温泉
お湯にSB赤缶カレー粉を溶いたような色です。
匂いもカレーを思い出させます。
たぶん丁子(クローブ)のせいです。



出来上がり。


苦いしょんぼり
でも苦い他には飲みにくい要素はなかったです。

飲みにくいというと例えば土臭いとか、妙に甘ったるい
とか、そういうものは飲みにくいです。



煎じ後の生薬の様子です。
見た感じは煮物のようで美味しそうです。

丸い切り口がみえているのが「朝鮮人参」です。
美味しそうなのでかじってみました。
柔らかく煮えていましたが、
ニガ〜撃沈

さて、女神散は何に効く漢方薬なのでしょう。

適応症;気血両虚の気滞・心火旺:

のぼせ、めまい感、頭痛、不眠、いらいら、肩こり、動悸などの心火旺の症候と、ゆううつ感、胸苦しい、腹が張る、悪心、腹痛、などの気滞の症候に、目がかすむ・しびれ・食欲不振・元気がないなどの気血両虚の症候をともなう。月経不順、月経量が少ない、月経痛などを伴う事もある
「中医処方解説 神戸中医学研究会 より」

実母散というのがありますが、生薬の組み合わせは
近いものです。
  • - | - | - | - |

 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.