2016.10.19 Wednesday 13:57

葛根湯

 

相談員のミツハシです

 

10月になりようやく秋晴れに恵まれる日も出てきましたが

9月はお天気が悪く体調を崩され、風邪ひかれる方も多かったようですね

 

漢方薬で風邪といえば葛根湯ですが

落語の小噺にも葛根湯にまつわるお話があるんです

なんでも昔の医師免許なんてものがない時代には誰でも

医者になれたそうですが、なかにはとんでもない医者もいたそうで・・・

 

「先生、今朝ほどから頭がいて−んですが・・・」

と訴えると

「んー、そりゃ頭痛だな 葛根湯やるから飲んでごらんなさい」

別の患者が

「先生、夕べっから腹下しが始まってお腹がいてーんです」

すると先生

「腹痛だな、それなら葛根湯ををお上がり。そっちの方は」

「いえ、私は付き添いできただけで・・」

「そりゃ、ご苦労だったねぇ。まあいいからお前さんも葛根湯をお上がりよ。」

 

自信のない医者が何でもかんでも葛根湯を出す笑い話ですが

実際風邪以外にも話にある頭痛や下痢・歯痛・帯状ヘルペスなど

幅広く使われるお薬でもあります。

ただそこには「症」と言って葛根湯が体質的に合う人の場合に

効果があるもので誰にでも何でも効くというわけではないんです

 

とはいえ意外に美味しく飲める葛根湯はつい人に

おススメしたくもなりますけど

よく効く人は常備して風邪のひきはじめに飲まれると

いいかもしれませんね

 

  • - | - | - | - |

 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.