2017.03.16 Thursday 14:18

春の養生

 

相談員のミツハシです

 

バタバタとしているうちに啓蟄も過ぎ、春分を迎えるようになり

いよいよ春らしい日が増えてくることと思います

 

春の養生として

「春は夜更かししても良いが、朝は早く起きること。

結っている髪をほどき、ゆったりとした服装をし、

庭をのんびり散歩し、気持ちもゆったり持つことを

心がけるように。

これに背くと肝が痛み、夏になって寒変(寒気がする病気)

にかかりやすい。」

と漢方の古典には書かれています

 

人間も動物と同じように冬場にはエネルギーを溜め込みますが

春になり暖かくなると次第に新陳代謝が活発になり

冬場に溜めた毒素を肝が解毒して排出しはじめます

 

忙しくなった肝を守るために大事なのはストレスをかけないこと

肝はストレスに非常に弱いのでストレスは大敵です

それ故に髪もほどき、ゆったりとした服を着て、のんびり散歩しましょう

ということなのだと思います

 

食で言えば

酸味を少し多くとると良いと言われますが逆に摂りすぎも良くありません

苦味は毒を取り除く働きもあり肝を助けるので

タケノコやワラビ、フキノトウなど旬のものを食べると良いですね

 

本来気分の良いはずの春が、体調を壊すから苦手という人も多いので

今年の春は養生を心掛けて楽しい春をお過ごしくださいませ

 

 

 

  • - | - | - | - |

 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.