2009.10.28 Wednesday 11:17

牡蠣とほうれんそうの中華風サラダ


【今日の薬効食材】★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


牡蠣----血を養う、滋養し虚弱体質改善、寝汗、不安感、不眠の改善


ほうれんそう----血を補い、止血、体を潤し、乾きや便秘を改善


落花生----肺をうるおす、慢性の咳にいい、胃腸を丈夫にする、通便


★牡蠣の水はきっちりと取ること。そうすることで香ばしくカリッと
 焼き上がり、タレもよく絡みます。ごはんにぴったり!


▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼


【材料】4人分

牡蠣 12個
ほうれんそう 1束
片栗粉 大さじ1
ゴマ油 大さじ2
塩・こしょう 少々

-合わせダレ-
砂糖 大さじ1
黒酢 大さじ2
しょう油 大さじ1
オイスターソース 大さじ2
長ネギ(みじん切り)1/2本分 

ピーナッツ20g
(包丁で粗く刻んでおく)   



作り方】

1)ボールに合わせダレの材料をあらかじめ混ぜ合わせておく。


2)ほうれんそうはたっぷりの水でさっと茹でてから水にさらし、
クッキングペーパーなどで水気を十分に絞ってから2cm程度の
長さに切りそろえる。


3)牡蠣はボールに入れ、大根おろし、または片栗粉(共に分量外)
で牡蠣の汚れを吸着させてからザルなどに入れてふり洗いし、
クッキングペーパーなどで水気を十分に拭き取ってから、片栗粉を
しっかりとまぶしていく。


4)フライパンにゴマ油を熱し、3)を両面こんがりと焼き色がつくまで
加熱し、塩・こしょうで軽く調味する。そこへ1)を加え軽く加熱し、
全体に味を馴染ませる。


5)大きめの器に2)と4)を混ぜ合わせながらバランス良く盛り付け、
仕上げに粗く刻んだピーナッツを散りばめたら出来上がり!

 

 

 

 


 

  • - | - | - | - |

2009.11.20 Friday 10:52

羊肉ときのこの香味ソース

 
【今日の薬効食材】★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


羊肉-----気血を益し虚弱体質改善、お腹を温める、足腰の強化

しめじ----胃腸を丈夫にする、気を巡らし、痰を除く、免疫強化

しいたけ--胃腸を丈夫にし気を補う、血圧を整える、高脂血改善、免疫強化


★羊肉の匂いが気になる場合、匂いが多く含まれている脂身の部分を
 調理前に取り除くひと手間を加えると匂いが軽減します。
 

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼


【材料】4人分


羊肉(ラムスライス)300g


-下味-
しょうゆ 大さじ1
酒    大さじ1
みりん  大さじ1
生姜の搾り汁 少々

片栗粉 適量
サラダ油 適量

しめじ 1パック
しいたけ 1パック
塩・コショウ 少々


-香味ソース-
砂糖 大さじ1  
酢 大さじ2
しょうゆ大さじ3
ごま油 大さじ半分
長ネギ(みじん切り) 1/4本
ショウガ(みじん切り) 1かけ
にんにく(みじん切り) 1かけ
万能ネギ(小口切り)1/4本



レタス、サラダ菜など 適量



【作り方】


1)ボールに下味の材料を入れよく混ぜひと口大に切ったラム肉 を入れ、よく下味をもみ込んだ後ラップをし、冷蔵庫で30分位味をなじませる。


2)しめじは根元を落とし小房に分け、しいたけはいしづきをカットし、3mm幅に切りフライパンで蒸し焼きにし、塩・コショウで軽く調味する。


3) 香味ソースの材料はそれぞれ切り、その他の材料と一緒にボールなどでよく混ぜ、ラップをし、レンジで2分程度加熱しておく。


4) 1)をバラバラにほぐし、水分をキッチンペーパーなどでよく切り、全体的に 少なめに片栗粉をまぶしていく。


5) 多めの油を入れたフライパンで4)を揚げ焼きにしていく。


6)からっとあがったら油分を一度軽く切って、サラダ菜をしいた器に2)と5)をバランスよく並べ、3)をたっぷりかけたら出来上がり!
  
 
熱々、サクサクのお肉に香味ソースが良く絡みます。ビールのお供にも! 

  • - | - | - | - |

2009.12.24 Thursday 11:39

ブリの蒸しものごま油がけ

 
【今日の薬効食材】★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


ブリ-----血行促進、痩せている人、血圧の低い人に良い

ねぎ----発汗、散寒、利尿、食欲増進、痰を除く、解毒


★ごま油としょうゆは出来るだけ熱々の状態でかけることがコツです。

 

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼


【材料】4人分


ブリ切り身   4切れ
ショウガ薄切り 4切れ
長ネギの青い部分1本分
塩・こしょう  適量
酒       大さじ4


-薬味-
長ネギ(白髪ネギ)1本分
セロリ(せん切り)1/2本分
大葉(せん切り)1束(10枚分)

ごま油  大さじ2
しょうゆ 大さじ3



【作り方】


1)ブリに塩・こしょうをふり、耐熱性の皿に切り身を置き、ショウガの薄
切りと長ネギの青い部分を乗せてから全体に酒をふる。蒸し器で10分目安
で蒸しあげる。
(レンジ加熱の場合は軽くラップをかけ、5分程度加熱)


2)薬味の長ネギ、セロリ、大葉はそれぞれ刻み、むらのないよう混ぜ合わ
せておく


3) 1)が蒸しあがったらショウガの薄切りと長ネギに青い部分を取り除き、
2)を上にのせる。


4) 鍋にゴマ油としょうゆを合わせて熱し、熱くなってきたら3)の薬味の上
にまんべんなくかけ回したら出来上がり。



ジューっという音と共に立ち上るごま油としょうゆの香りが本当に美味しそう!

  • - | - | - | - |

2010.01.22 Friday 11:08

ほっくりカブのエビあんかけ

 
【今日の薬効食材】★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


かぶ----消化促進、乾きを止める、利尿、カゼ予防、お腹を温める。

エビ----強壮強精、乳汁分泌促進、冷え性、足腰の弱りや痛みの改善

しょうが----発汗させる、吐き気を止める、食欲増進、解毒

 

★カブをあまり煮込みすぎないことが食感よく仕上げるコツです。

 

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

【材料】4人分


カブ(中)6〜7個
カブの葉 6〜7本

むきエビ 150g

だし汁 500ml

しょうが(おろし)1片分


-合わせ調味料-

酒 大さじ2
塩 小さじ2/3
みりん大さじ2
しょうゆ大さじ1

片栗粉 大さじ2
(大さじ4の水で溶いておく)

ゆずの皮 適量



【作り方】

1)カブは水洗いし、葉を落として皮をむき、櫛形に6等分する。葉は別に
ゆがき、水気を切り3cm位にカットしておく。


2)むきエビは包丁で背ワタをとって軽く塩をもみ込んでから洗い、熱湯で
ゆがき、キッチンペーパーなどで水気を切っておく。
  

3)だし汁を入れたなべに1)を入れて火にかけ、(ゆがいた葉を除く)煮
立ったら合わせ調味料を加え、ハシがスッと刺さるまで煮る。


4)カブのみを器に盛り付け、むきエビ、おろしたショウガを加えて軽く煮
立たせ、片栗粉でとろみをつける。  


5)カブの上にあんをとろりとかけ、ゆがいた葉とゆずの皮をあしらえば出
来上がり!ほっくりアツアツで体の中から温まります。

 

 

 

 

 

 

  • - | - | - | - |

2010.02.23 Tuesday 09:50

鶏肉団子としめじのさっと煮 たっぷり三つ葉添え

 
【今日の薬効食材】★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


三つ葉----気の巡りをよくする、健胃、食欲増進、咳・痰を切る
しめじ----胃腸を丈夫にする、気を巡らし、痰を除く、免疫強化
鶏肉------お腹を温め、気を補い体力をつける、筋骨を強くする、血を補う

 

★鶏肉に粘りが出るまでしっかり混ぜること。鶏肉の味付けはだし汁に
溶け出すことも考え少し濃い目に、がコツです。


鶏団子はたっぷり作っておいて冷凍すると色々な料理に使えますよ!


▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼


【材料】4人分

-鶏団子-
鶏ひき肉 350g
長ネギ 1/2本
塩・こしょう 適量
生姜すりおろし 1/2片
片栗粉 大さじ2
卵(全卵Mサイズ)1個

-煮汁-
だし汁 3カップ(600cc)
酒 大さじ1
みりん 大さじ1
しょうゆ 大さじ2
水溶き片栗粉(1:1の割合)適量 

しめじ 1パック
三つ葉 1パック
 


【作り方】

1)長ネギをみじん切りにし、大きめのボールに鶏団子の材料を全て入れ粘
り気が出るまで良く混ぜる。


2)1)をひと口大の大きさに丸めて団子を作る


3) 鍋にだし汁を沸かし2)をそっと入れ火を通す。浮かんできたら一度皿に
あけ、漉し器で一度漉す。


4) 3)をもう一度鍋に入れて煮立たせたら、石づきを取って小房に分けたし
めじを加え、さっと火を通す。


5) 鶏団子を戻し、酒・みりん・しょうゆで味を付け、水溶き片栗粉で煮汁
にとろみをつける。


6)鶏団子、しめじを器に盛って煮汁をかけ、適当な長さに切った三つ葉を
たっぷりと添えたらできあがり! シャキシャキ三つ葉の良い香り!

  • - | - | - | - |

2010.03.27 Saturday 10:39

セロリとささみ・新玉ねぎの梅紫蘇ソース和え


 【今日の薬効食材】★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


セロリ----熱を鎮め、イライラ・高血圧のめまい・頭痛・目の充血にいい、利尿

玉ねぎ----気血の巡り促進、利尿、痰をとり、咳を鎮める、胸苦しさをとる

鶏肉------お腹を温め、気を補い、体力をつける、筋骨を強くする、血を養う

 

★新玉ねぎはあまり長時間水にさらさないことが美味しさのコツです。

 

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼


【材料】4人分


セロリ  1本
鶏ささ身 4〜5本
新玉ねぎ 中1個

-梅紫蘇ソース-
梅干し  2個
青紫蘇  10枚
白ゴマ  大さじ2
ゴマ油  大さじ3
お酢   大さじ2
しょう油 大さじ3
砂糖     小さじ半分



【作り方】


1)セロリは筋を取り、2mm程度の厚さに斜め薄切りにする。(葉は細かく切る)


2)新玉ねぎも薄切りにし、軽く水にさらしてから水気をペーパータオルで切っておく


3)ささ身はお湯で湯がき、熱々のうちに細かく割いておく


4) 梅干しは種を除き包丁でたたいてペースト状に。大葉は軸を落としみじん切りに。
ボールにソースの材料を全て入れ、よく混ぜ合わせる。


5)4)に1)〜3)の材料を全部投入し、良く混ぜ合せたら出来上がり!
セロリ・新玉ねぎのシャキシャキ感がすっぱ美味いソースによく合います。

 


 

  • - | - | - | - |

2010.04.27 Tuesday 14:18

豚ニラきくらげ、マスタードじょうゆ炒め


 【今日の薬効食材】★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


黒きくらげ-----血行促進、止血、通便、生活習慣病予防、出血・貧血の改善
ニラ----気・血の流れ促進、体を温める、健胃、強壮、止血、止痛
豚肉----気血を補う、体液を増やし身体をうるおす、通便


★豚肉は加熱しすぎないこと、その為に調味料はあらかじめしっかり混ぜて
おき、調理の手間を省いておくことが美味しさのコツです。

 

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

【材料】4人分


黒きくらげ 10g
ニラ 1束
豚薄切り肉 200g 

-合わせ調味料-
砂糖 大さじ1/2
酒  大さじ1
しょうゆ 大さじ1と1/2
粒マスタード 大さじ1

ゴマ油  適量

 

【作り方】


1)黒きくらげはたっぷりの水につけて戻し、熱湯にさっと通した後、冷水
にとり、固い石づきを取り除き、食べやすい大きさに切っておく。


2)合わせ調味料はあらかじめ全てを合わせ、よく混ぜておく。


3) ニラは3cm幅に、豚肉は食べやすい大きさに切っておく。 


4) フライパンにゴマ油を熱し、豚肉を入れ中火で炒める。肉の色が変わ
ってきたら黒きくらげとニラを加えさっと炒め合わせ、合わせ調味料を加
えて全体にからめたら出来上がり!
ぷりぷりコリコリの食感にマスタードしょうゆのコクと深み。

 


 

  • - | - | - | - |

2010.05.24 Monday 17:29

そら豆とトウモロコシのピリ辛春雨サラダ

 
【今日の薬効食材】★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


そら豆----------胃腸を丈夫にする、利尿、むくみにいい

トウモロコシ----胃腸機能を整え、消化促進、利尿、高脂血の改善

 

★春雨はジャガイモでんぷん由来のもの(主に日本産)よりも緑豆でんぷん
由来のもの(主に中国産)の方が薬膳的には利水の効果が期待できるので
今回のレシピの場合は緑豆春雨を使うことをおすすめします。


★アジアテイストが好きな方はしょうゆをナンプラーに変えてもOKです。
 (ナンプラーはしょうゆより塩分濃度が濃いので量を調節して下さい。)

 


▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲


【材料】4人分


そら豆 1パック(20サヤくらい)
トウモロコシ 1/2本
春雨(緑豆由来のもの)50g
香菜   1束

-ピリ辛ソース-
スイートチリソース  大さじ1
しょうゆ  大さじ2
砂糖 大さじ半分
レモン汁 大さじ2



【作り方】


1)そら豆、トウモロコシはあらかじめ茹でておき、そら豆は薄皮を剥き、
トウモロコシは一粒ごとにばらしておく。


2)香菜は水でよく洗い、根元を切り落とし、2cm幅程度に刻んでおく。


3) ピリ辛ソースは材料を全部混ぜ合わせておく。 


4) 春雨は沸騰した湯に入れて1〜2分程茹で、ザルにあけて水にさらして水気をきる。
 水気がきれたら食べ易い大きさにカットする。  


5) ボールに全てを入れ全体をよく混ぜ合わせ、お皿に盛り付ければできあがり!
  ピリ辛風味のソースが全体を上手くまとめています。 

 

 

 

 

 

  • - | - | - | - |

2010.06.22 Tuesday 13:40

にんじんと長芋の春巻き

 

【今日の薬効食材】★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


にんじん-----胃腸を丈夫にし、消化促進、肝を養う、目にいい

長芋----胃腸・肺・腎を丈夫にする、胃腸虚弱、老化、慢性の咳にいい

 

★干しえびの塩分を考え、味付けは様子を見ながらがコツです。

 

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

【材料】4人分


にんじん 中1/2本
長芋 中1/3本(長さ5cm程度)
長ねぎ 1/2本
干しえび 大さじ1
ごま油  少々
塩・コショウ 少々


春巻きの皮  8枚
水溶き小麦粉 適量


揚げ油 適量

 

【作り方】


1)干しえびは汚れをさっと洗い同量のぬるま湯で30分程度もどしておく。
もどった干しえびは包丁で荒く刻んでおく。


2)長ねぎは4cm程度の長さに切ってからせん切りにする。にんじんも
せん切りに、長芋はある程度の食感を残す為、拍子木切りにする。


3) フライパンにごま油を熱し、もどした干しえび、長ねぎ、にんじんの
順に炒め、しんなりしたら塩・コショウで味付けし皿などにあけ、冷ます。 


4) 冷めたら拍子木切りに切った長芋を軽く混ぜ合わせ春巻きの皮で包み、
まき終わりを水溶き小麦粉で止める。 


5) フライパンで少なめの油で揚げ焼きにすれば出来上がり! 
サクッと軽い皮と野菜のしゃきしゃきホクホクの食感がたまりません。

 


 

  • - | - | - | - |

2010.07.27 Tuesday 14:15

ウナギの棒寿司仕立て

 
【今日の薬効食材】★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


うなぎ-----体の弱りを補養する、湿気をとり、むくみや痛みにいい


枝豆----熱を冷ます、胃腸を丈夫にする、湿気をとる、肝臓保護


青じそ----発汗、散寒、気を巡らせる、健胃、吐き気をとめる、解毒


みょうが----身体の熱を冷ます、気・血の巡りをよくする、食欲増進


★もし、ウナギをレンジなどで温めてから使う場合は加熱しすぎない
ことが形崩れしないコツです。

 

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲


【材料】4人分

ウナギ(蒲焼)2尾
青じそ 10枚

-酢飯-
ご飯 2合分            
酢 大さじ4
砂糖 大さじ2
塩 小さじ1

白ゴマ 大さじ3
枝豆 60g
みょうが 1パック(4個程度) 


【作り方】


1)青じそは洗って水気をペーパータオルなどでとっておき、枝豆は
下茹でしておく。みょうがは洗ってせん切りにしておく。


2)あらかじめ酢・砂糖・塩は大きめのボールに混ぜ合わせておき、
そこへ温かいご飯を加え切るように混ぜる。

味がなじんだら白ゴマ・枝豆・みょうがを加えざっくり混ぜ合わせる。
できあがったら半量に分け、ラップで棒状に整える。
  

3) ラップの上にウナギ1尾を身を下にして置き、青じそを裏返して5枚
並べ、ラップで包んだ半量の2)を置き、形を整えながらきっちりと巻く、
同じものをもう一本作る。
 

4) その状態で10分なじませたら、ラップで包んだまま食べやすい大きさ
に切ってラップをはずし、器に盛ったら出来上がり!

 

  • - | - | - | - |

<<new | 2 / 3pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.